独自ドメインをgmailに連携する方法

エックスサーバーで設定した独自ドメインメールアドレスを使用する手段のひとつ。
普段使用しているgmailに連携して管理しやすくする方法をお伝えします。

まだ独自ドメインメールアドレスが作成できていない方は、まずはこちらをご参照ください。

独自ドメインメールアドレス取得方法

エックスサーバー内で転送設定

エックスサーバーで取得したメールアドレスをgmailに転送する設定をします。

①エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

エックスサーバーのサーバーパネルにログインしたら、メール部分にある「メールアカウント設定」をクリックします。

②独自ドメインを選択

ドメイン選択画面が表示されるので、メールアドレスを設定したいドメインを選びます。

③メールアカウントの転送設定

メールアカウント一覧にあるアドレスを確認し、「転送」をクリック。

④gmailのアドレスを追加

転送先に設定したいgmailを追加する。
「メールボックスに残すかどうかの設定」は、デフォルトのまま「残す」で大丈夫です。

gmailでの受信設定

①gmail内「設定」画面を表示

独自ドメインメールアドレスを転送したいgmailの設定をしていきます。
gmailに入り、右上にある車輪マークから「すべての設定を表示」をクリックします。

②「アカウントとインポート」を表示

設定が表示できたら、上部分にある「アカウントとインポート」をクリックします。

③「メールアカウントを追加する」をクリック

「他のアカウントのメールを確認」部分にある「メールアカウントを追加する」をクリックします。

④メールアドレスの入力

別ウィンドウで「メールアカウントの追加」が表示されるので、エックスサーバーで取得したメールアドレスを入力します。

⑤メールアカウントの追加

左上に表示されているメールアドレスを確認し、「他のアカウントからメールを読み込む(POP3)」にチェックを入れて「次へ」をクリック。

⑥アカウント情報の入力

「メールアカウントを編集」内で必要事項を入力します。

  • ユーザー名
    エックスサーバーで取得したメールアドレス
  • パスワード
    メールアドレスを設定した際のパスワード
  • POPサーバー
    エックスサーバーのサーバーパネル内「サーバー情報」にある「ホスト名」
  • ポート
    995
  • メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用する
    チェックする

⑥送信設定に進む

受信設定が完了すると「メールアカウントを追加しました」と表示されるので、「はい」にチェックを入れて送信できるようにします。

gmailでの送信設定

①自分のメールアドレスを追加

「自分のメールアドレスを追加」が表示されるので入力していきます。

  • 名前
    自分のわかりやすいものを入力
  • メールアドレス
    エックスサーバーで設定したアドレスが表示されているか確認
  • エイリアスとして扱います
    チェックしない
    ※Gmail 「エイリアスとして扱います」の使用方法はこちら

②「メールアドレスの編集」を入力

「メールアドレスの編集」を入力していきます。

  • SMTPサーバー
    エックスサーバーのサーバーパネル内「サーバー情報」にある「ホスト名」
  • ポート
    465
  • ユーザー名
    エックスサーバーで取得したメールアドレス
  • パスワード
    メールアドレスを設定した際のパスワード
  • SSLを使用したセキュリティで保護された接続
    チェックする
  • TLSを使用したセキュリティで保護された接続
    チェックしない

⑥確認コード入力

gmailから確認コードが届きますので、入力し「確認」をクリック。

最後に「確認」ボタンをクリックすれば完了です。

⑦gmail内で確認

再度gmail「設定」内の「アカウントとインポート」にある「名前」部分に戻り、独自ドメインメールアドレスが反映しているかを確認します。
無事に表示されていれば設定が完了となります。

送受信できるかを確認

実際にgmailで送受信できるかを確認してみましょう。

①受信確認

作成した独自ドメインメールアドレスにテスト送信し、無事にgmailで受信できているかを確認します。

②送信確認

gmailで新規作成後、「差出人」をクリックし、独自ドメインメールアドレスがきちんと表示されているかを確認します。

まとめ

エックスサーバーで取得した独自ドメインメールアドレスをgmailに紐づけする方法をお伝えしました。
独自ドメインメールアドレスを使い慣れているgmailに紐づけすることで、より効率的にビジネスでのやり取りが可能になります。

gmail内、独自ドメインメールアドレス送信時の署名の仕方も併せてご参照ください。

お問い合わせはこちらから